2018年

11月

12日

高槻市民音楽祭終わる

高槻市民音楽祭が終わりました。

お天気は秋晴れでしたが、気温は少々高め、サッサ歩くと汗ばむ程で初秋の陽気でした。現代劇場へ早めに来られたお客様の中には周囲に緑の多い城跡公園や、能見神社・高山右近の開いたカトリック教会などが点在しているので、散歩がてらお越しくださった方々もいらっしゃったのではないでしょうか(^-^)

 さて、今回発表した曲 ”三つの汽車のうた“ は、9月17日の私たちの演奏会で楽しく歌った曲で古き良き時代を思い出させてくれる懐かしい曲でした。指揮者の安藤先生まで車掌さんになりきって帽子をかぶり出発を知らせる笛を吹き鳴らして、舞台に登場してくださいました。私たちは機関車になって 両手を車輪に見立てて「小さく前へならえ」した手を車輪のように身体の脇で回転させながら、汽車がゆっくり出発して行く姿になって ”シュッ!シュッ!と舞台中央まで進んで行き、元気に歌い始めました!

今回は諸事情で5名欠席でしたのでちょっと緊張しましたが残ったメンバー14名で、練習の時のように楽しんで歌う事ができました(*'▽')

年齢を重ねてもこんな楽しい曲を合唱できるなんて私たち幸せですね

 

2018年

11月

09日

高槻市民音楽祭目前!!

 いよいよ待ちに待った.....(*'▽')

 そうです!市民音楽祭が直ぐ目の前にやって来ております"(-""-)"

きょうは最終練習。がんばりましょう!

 

 沢山のお客様のご来場をお待ちいたしておりますが

響の演奏会(9月17日に開催)にご都合が悪くお越しいただけなかった方は  

是非お越しくださいませ。あの時のとても楽しいステージの1シーンを再現させて頂きます!ラストチャンスです。

 小さなお子様からおじいちゃま、おばあちゃままでご一緒にお楽しみいただければ嬉しく思います。古き良き時代の思い出がいっぱい詰まっている汽車に乗って出発、進行!!

2018年

9月

19日

第8回演奏会終わる!

 演奏会当日まで現代劇場に足を運んでくださるお客様が、いったい何人いらっしゃるかしらと心配で落ち着きませんでした。敬老の日と重なり多くのご家庭で、おじいちゃん、おばあちゃんの為にお祝いの宴を計画していたり、日頃なかなか会えないお孫様達がやってくるからとか、地域の老人会で催しがあるのでごめんなさいね。などと断られてばかりで、どれだけ気落ちしていたことか........ともかく家を出る前に「頑張って来ます!」と、神棚に手を合わせて ″いざ!″

 リハーサルは相変わらず課題がクリアできていない箇所が其処此処にあり、歌っているうちに不安ばかり大きくなり本当にお客様の前で披露できる曲になるのかしらと、だんだん気持ちが暗くなって行きました。

 いよいよ開演5分前のチャイムが流れました。いつものブザーとは違って緊張を解してくれるような優しい響きが流れました。私たちも体のこわばりが解けたような気がしました。さあ、童謡絵巻のはじまり!汽車になって笑顔で舞台に出発、進行!!

 ♪シュッシュッポッポ、シュッシュッポッポ いまはやまなか いまははま~♪

安藤先生は駅長さんの帽子をかぶり、紺の制服とはいきませんが真っ白なフロックコートを着てホイッスルを鳴らし会場から舞台へ登場!

お客様のクスクス笑う声に笑顔、先生の笑顔に私たちの笑顔会場いっぱいの楽しい雰囲気を感じました。そうです!心配していたお客様の入りは上々でした(^O^)

 ”リハーサルの時ダメ出しばかりだったけどうまくいったね!!″第1ステージが悪いとずっと引きずると思っていたので良いスタートでした。

 第3ステージ歌劇集はピアノを使わずにキーボードのチェンバロの音で歌いました。イタリアの教会で歌っているような雰囲気を出せたような感じがしました。高い音。美しい天使の声とはいきませんでしたが、今の私達の成果として一番だったと思います。安藤先生、ピアノ伴奏中野先生、コンミス藤井さん、音楽係新木さんのご指導の賜物です。ありがとうございました。

 ステージが進むごとにお客様も増え最後のアンコールは会場と一体になって楽しく歌っい手拍子もしてくださり感動的でした!

 アンケート結果も大勢の方からお褒めの言葉や、来年の演奏会にも必ず来ます。などのお言葉を頂戴し、私達にとってどれだけ励みになったかお礼の言葉がみつかりません。ありがとうございました。次回もまたこのメンバーとプラス新しい方が入って下さったら嬉しいのですが、現代劇場で第9回演奏会を開けるように健康第一で歌の練習に励んで行こうと決意を新たにしております。

 皆様の応援が宝物です!これからもよろしくお願い申し上げます。

2018年

9月

12日

第8回演奏会目前に迫る!

9月17日(月・祝日)は、月曜日ですが祝日(敬老の日)です。

そして女声合唱団 響の第8回演奏会当日です!!

 今年は高槻地域は大地震→大雨→強烈な台風と次々に自然の災害に見舞われ過去に経験した事のないような被害を受け、未だにあちこの屋根の上にはブルーシートがかけられ、修理の順番を待っている状態です。

 そのような中でも、私たちの演奏会は予定通り開催することが叶い、とてもうれしく思います。団員もみな続けざまに起こる災害に『演奏会』という一つの目標に向かって気持ちを集中していくことがぐらついたりもしましたが、「こんな時だからこそ一緒に歌って行きたい!」と、練習日には元気に歌うことで、気持ちもだんだん演奏会へ向かって走り出し、先週の ONEDAY LESSON  で、大きな成果を実感することができました。演奏会当日にご来場くださるお客様の前でこの成果を発表する事ができますようにと念じながら、明日の最終練習に臨みます。

お一人でも多くの方が高槻現代劇場中ホールにお越しくださいますように.....!

 

2017年

1月

20日

お知らせ

 しばらくご無沙汰してしまいました。

 昨年12月10日の第7回演奏会は練習の成果を十分発揮できたと思っています。今まで挑戦しなかったジャンルの曲→チルコットのジャズミサに挑みました。リズム感がなかなか体に入らず音符の並び方に言葉がついてこなかったり、発声の仕方が話し言葉の大阪のおばちゃん風になってしまったり、問題が山積みで本当に演奏会ができるのかしらと日に日に心配が募って行きました。でも10月、11月に1回ずつ行った1DAY LESSONでそれぞれ一日中合唱漬けになったことによって新しいパワーをGetできたのでした。ジャズミサだけでは無く全ての曲に命を注ぐ事ができるようになった気がしました!

 それ以後の練習日に関しては皆の心が一つになり、『頑張るぞー!』の意気込みが感じられるようになり、先生から何回も駄目だしを出されてもくじけずに、『よーし、もう1回!』と、何回も何回もやり直したりしているうちに、やっと先生の微笑んだ瞬間をとらえることができ、『今の感じを忘れないでね』という先生の一言が『やったー!』という私達の喜びに変わりました。この成果がベースとドラムが加わった時にも、違和感なくすんなり受け入れることができたと思います。

 いつも昼下がりの縁側で心地良い練習をしていたような気がします。前回の演奏会はお越しくださったお客様が口々に『素晴らしかった。感動した。絵巻物のように情景が浮かんできた。優しさが伝わってきた』等と、アンケートに書いてくださったり、電話してきてくださったり、ともかく練習に力を注いだ分、その成果は絶対にでることはまちがいありませんね。

 2017年、また新たな1ページを作って行きましょう!昨年未知の曲に挑戦した苦労は、これからの大きな自信になり、練習を続ける事こそが合唱を愛する私達の生き甲斐になると思います。安藤先生、中野先生今年も宜しくお願い申し上げます。

1 コメント